カリスマシェフの絶品レシピ

--

  • -鍋に、塩・こしょうした鶏のむね肉としょうがの薄切り、ねぎの青い部分を入れ、酒(大さじ2)、水100ccを加えて火にかけ、アルミホイルなどで落し蓋をして蒸し煮にする
  • -鶏肉の荒熱が取れたら手で裂いておく
  • -スピルリナ麺をたっぷりのお湯で3分半ゆでてしっかりと湯きりした麺を、重湯スープを入れた丼に加え、2の鶏肉、スペアミント、レモングラスを散らしてできあがり

◆重湯スープの作り方

  • -米は洗米し、鶏ガラスープの素、水1000ccと共に鍋に入れてお粥を炊く要領でじっくりと加熱する(蒸し鶏の煮汁も加えると良い)
  • -重湯ができたら上澄みだけを別鍋に移し、塩・こしょうで味を整え温めた丼に注ぐ(追いがつおを入れても良い)

-

材料 (2人前)

スピルリナ麺「太古の藻麺」 1袋(200g)
鶏むね肉 1/4枚
ねぎの青い部分 10センチ
しょうが 適量
適量
大さじ2
100cc

◆重湯スープ

1/4カップ
1000cc
鶏ガラスープの素 適量
スペアミント、レモングラス 適量

-

-

このラーメン一杯で、ほうれんそう約5株分の鉄分がとれる!
スピルリナの乾麺は、ざるラーメンにしても美味しい
オリーブオイルとあえて、パスタやイタリアン風の付け合わせにも


---

  • -イタリアンパセリ(またはパセリ)10gを粗いみじん切りにする
  • -他のすべての材料と混ぜればできあがり

    ☆冷凍しても固まらないので、冷凍庫で
    保存して長く使うと良い

◆スピルリナ香草パン粉を使った料理例
白身魚のスピルリナ香草パン粉焼き

  • -カジキマグロに塩、こしょうをかけてフライパンで焼く
  • -両面に焼き色をつけたら、スピルリナ香草パン粉をたっぷり乗せて180度のオーブンで4分強焼く
  • -トッピングにトマトと松の実を乗せて完成

-

材料 (1人前で15~20回分)

パン粉 100g
粉チーズ 30g
イタリアンパセリ(またはパセリ) 10g
5g
こしょう 少々
(エクストラバージン)オリーブオイル 40CC
スピルリナパウダー 5g

-

-

-

いろんな料理に使うと、家庭の味がおしゃれなレストランの味にグレードアップ!
焼いた魚の上に乗せてオーブン焼きにしたり、茹でたジャガイモにのせたり、
カツレツ、カキフライにも使えば、野菜不足の心配いらず!
パスタや焼きそばに振りかけても美味しい♪


--

  • -ボールに卵、グラニュー糖、ハチミツを入れて、グラニュー糖が溶けるまで、よく混ぜる
  • -1に、3回ふるっておいた薄力粉と、ベーキングパウダー、スピルリナパウダーをふるい入れ、よく混ぜ合わせる
  • -鍋に分量の1.3倍のバター(180g)を溶かしてすましバターを作り、計量して荒熱がとれたら、2の生地に入れ混ぜる
  • -生地を冷蔵庫に入れて、1日ねかせる
  • -翌日、1日ねかせた生地を型に絞り、半分に切った栗を中央に乗せて、220℃のオーブンで15分位焼き上げる
  • -仕上げに、生地の表面にラム酒をハケで塗り、
    ビターな香りをマドレーヌにつける

-

材料 (約20個分)

栗の渋皮煮(または栗の甘露煮) 10個
2個
グラニュー糖 115g
薄力粉 140g
ベーキングパウダー 8g
すましバター(ブールクラリフェ) 140g
ハチミツ 8g
ラム酒 少量
スピルルリナパウダー 2g

-

-

-

生地を1日寝かせることで、きめが細かくしっとりしたプロの味に仕上がる
栗の代わりに、アーモンド、レーズンなどをアクセントにしても