いとうゆき

日本リビングフード協会代表
ベジタリアン料理研究家 

米国テンプル大学卒。卒業後は東南アジアに暮らす。海外生活を通じて世界のベジタリアン料理と思想に触れる。帰国後、大手百貨店に勤務するが、昇進と同時に体調を崩し、入院。この時に独学で自然食や漢方など代替療法を学び、それを取り入れて体質改善に成功。のちに調理師免許を取得して、さらに国内外でマクロビオティックやリビングフードなど自然食を専門に勉強する。2004年に自身の病気を食事で克服した経験を基に「日本リビングフード協会」を設立。現在は協会や料理教室を通じ、リビングフードを中心とした健康的な食生活とライフスタイルの普及活動に努める。実例豊富なわかりやすいセミナーに定評あり。現在はアメリカのニューヨークに在住。

日本リビングフード協会代表、日本橋三越カルチャーサロン講師、読売文化センター講師、財団法人柏会理事、公益財団法人日本環境教育機構評議員、東京家政大学大学院人間生活総合学部健康栄養科研究員。

【日本リビングフード協会HP】
http://www.livingfood.jp

【ブログ】
http://ameblo.jp/liveggies/

 

いとうゆきのアメリカ最新スーパーフード事情

【第4回】ショップで買えるスピルリナ商品 ~人間からペットまで

スーパーフードのひとつにあげられるスピルリナ。タンパク質、ビタミン、ミネラルがバランス良く豊富に含まれているので積極的に摂りたいのだけど、どうやって摂ったらいいのかしら? 良く聞かれる質問です。

アメリカで良くあるのは、スムージーにオプションで入れるというもの。自然食系のレストランやジュース・バーでは、自分の好きなドリンクに、スピルリナやカカオ、カといったスーパーフードを選んで加えられるようになっています。
ドリンク以外では焼き菓子などに練り込んでしまうのも良いでしょう。パンケーキやスコーン、クッキーの生地に混ぜると、焼成後も淡いグリーンのきれいな色が残ります。見た目に美しいだけでなく、おやつのヘルシー度が格段にアップしますね。和菓子やお好み焼きにもぴったり。スピルリナは粉ものと好相性です。

ニューヨーク州イーストビレッジ地区の10丁目は、オーガニックショップが連立していて「オーガニック・ストリート」とも呼ばれ、スーパーフードを使った商品を扱っているお店が数多くあります。
「リブ・ライブ」というロー&リビングフード専門店では、スピルリナ入り商品をたくさん発見しました。

「リブ・ライブ」 Live Live

「リブ・ライブ」 Live Live
261 E10th Street in the East Village
http://www.live-live.com/

リブ・ライブのマネジャー、ジョン氏はとてもやわらかい物腰でゆっくりと誰にでもわかりやすく商品の説明をしてくれます。「スピルリナは扱っていますか?」と尋ねたら、「もちろん」と言って、いくつか商品を並べてくれました。

フリーズドライの100%スピルリナは、リブ・ライブのオリジナル。フリーズドライで食感をサクサクとさせることで、そのままスナックとして食べられるような面白さを追求したのだとか。

スピルリナ入りのチョコレートは、パッケージがシックでスピルリナのイメージを覆すような格好良さ。ギフトに良さそうです。

海苔で包んだ煎餅スティックのようなスピルリナ菓子はロー&リビングフード。火を使わずにこんな菓子が出来るなんて、発想の豊かさに脱帽です。パッケージには「Japanese」と書いてありました(笑)。

日本ではほとんどみない珍しいものとしては、デヴィッド・ウォルフ氏がスーパーフードのベスト10に上げているもので、「マリンフィトプランクトン」というものがありました。
マリンフィトプランクトンは海洋性植物プランクトンで光合成を行う浮遊微生物です。どちらかというと、人間の食べものというよりも、熱帯魚やサンゴなどの餌として流通している方が多いのではと思います。

店内はそれほど大きくないにも関わらず、書籍、キッチン用品、サプリメント、食材と必要なものはほとんど揃っていますので、立ち寄る価値は大。ちなみにジョン氏は写真家でもあります。写真好きな方は写真ネタでも盛り上がれること請け合い。

スピルリナ商品を探してお店巡りをすると、「Green Super Food グリーンスーパーフード」と表に大きく書かれたスナックやサプリメントの商品がたくさんあり、原材料にはスピルリナに代表される緑のスーパーフードが何種類も贅沢に入っていました。

スピルリナのサプリメントでは、アースライズ社のカリフォルニア産の商品が人気のようで、目立つ所に置かれていました。ご存じのように、アースライズ社はDICグループの米国法人です。世界トップクラスのシェアをもつ「DICスピルリナ」は、日本国内だけでなく、アメリカ人の健康をもサポートしてくれていたのですね。

スピルリナ入り商品で私が一番驚いたのがペットフードです。ホリスティックなペットケアを提唱するペットショップ「ウィスカーズ」には、スピルリナ入りのペットフードがありました。

「ウィスカーズ」 Whiskers Holistic Petcare
235 E9th Street in the East Village
http://1800whiskers.com

ここに来るお客様は、自分だけでなくペットもなるべく自然な方法で健康にしたいと考えており、特にスピルリナの効果を実感している方はペットにもスピルリナを飲ませてあげたいと思うのでしょう。


スピルリナ入りペットフード

また、自然食や食事療法を実践している人の間では、ウィートグラスジュース(大麦若葉ジュース)と呼ばれる大麦若葉で作ったいわゆる青汁も人気が高いのですが、ウィスカーズではペット用のフレッシュなウィートグラスの鉢植えも売られていました。

スピルリナと同様に、ウィートグラスも、「グリーンスーパーフード」を代表する1つで、スムージー専門店では鉢植えの草を刈ってその場でしぼったウィートグラスジュースが飲めたり、朝市や街中の屋台では、人間とペット用にと鉢植えに入ったウィートグラスが売られています。人間にもペットにも、「グリーンスーパーフード」の時代ですね。